筑邦銀、本業支援手数料が拡大 76社と連携しきめ細かくニーズに対応

2022.12.30 04:55
事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
筑邦銀本店
筑邦銀行の本業支援関連手数料収入が伸びている。2021年度は7400万円だったが、22年度は4月~12月20日で7700万円と昨年度実績を上回っており、23年3月末までに1億円突破を目指す。
同行は外部の76社と業務提携。経営支援や不動産など34分類の顧客ニーズに対し、69項目の具体的なソリューションメニューを整備してサービスを提供して...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

筑邦銀、都内に「誰でもDC」拠点 関東で共同推進拡大へ
開所式でテープカットする(左から)DC推進機構の小川代表理事、SBIベネフィット・システムズの松井真治社長、筑邦銀の佐藤清一郎会長、中央日本土地建物グループの長谷川正行専務執行役員(5月29日、DC推進機構東京オフィス、筑邦銀提供)
人事異動 筑邦銀行(2024年6月26日)
役員人事 筑邦銀行(2024年6月26日)
顧客本位や現場力を大切に 鶴久・筑邦銀頭取 
筑邦銀行の鶴久頭取

関連キーワード

事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)