「〝脱銀行〟に手応え」 部谷・ひろぎんHD社長

2022.11.23 04:37
インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
ひろぎんホールディングス(HD)が発足して10月で2年が経過した。4月から部谷俊雄社長(63)は、銀行との兼務を解消しHD専属に。持ち株会社が増える今、フロントランナーに経営戦略を聞いた。
――2年間を振り返って。
「銀行中心のビジネスモデルの厳しさや、外部環境の変化からHD化してよかったと思う。昔と違い、われわれの定める地元4県(広...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀協、新ビジネス開発で講座 社内起業の先輩らが講演
再考・地方創生(2) 観光需要に開拓余地
ひろぎんHD、24年3月期純利益121%増の276億円 株式等関係損益などが改善
決算を発表する部谷社長(左)と広島銀の清宗一男頭取(5月13日、広島商工会議所)
ひろぎんHD、グループ内の人脈情報共有 名刺管理ツールで効率化

関連キーワード

インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)