ひろぎんHD、社内SNSを導入 グループ社員の交流深化へ

2024.04.24 10:26
ES アプリ
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
ひろぎんホールディングス(HD)は4月23日、スタメン(東京都)が提供するアプリケーション「TUNAG(ツナグ)」を導入した。同HDに加え、傘下の広島銀行やひろぎん証券など子会社14社の社員が利用する。社内SNSとして活用し、情報発信に加え、世代や役職、職場を超えた社員同士のコミュニティー形成を目指す。
ツナグのタイムライン機能や社内チ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

ひろぎんHD、金融商品仲介子会社が始動 楽天証券などと連携
地銀協、新ビジネス開発で講座 社内起業の先輩らが講演
再考・地方創生(2) 観光需要に開拓余地
ひろぎんHD、24年3月期純利益121%増の276億円 株式等関係損益などが改善
決算を発表する部谷社長(左)と広島銀の清宗一男頭取(5月13日、広島商工会議所)

関連キーワード

ES アプリ

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)