顧客本位や現場力を大切に 鶴久・筑邦銀頭取 

2024.04.23 04:35
インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
筑邦銀行の鶴久頭取
筑邦銀行の鶴久頭取
筑邦銀行は4月、佐藤清一郎前頭取(現会長)からバトンを引き継いだ鶴久博幸頭取が就任。トップ交代は15年ぶりで、アライアンス戦略などを強化し、企業価値向上を目指す。鶴久頭取に抱負などを聞いた。
――就任の抱負は。
「佐藤会長が頭取時代に築いた経営基盤や経営方針など基本的な部分はしっかり継承する。同時に、自分の持ち味も発揮したい。私は営業...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

筑邦銀、都内に「誰でもDC」拠点 関東で共同推進拡大へ
開所式でテープカットする(左から)DC推進機構の小川代表理事、SBIベネフィット・システムズの松井真治社長、筑邦銀の佐藤清一郎会長、中央日本土地建物グループの長谷川正行専務執行役員(5月29日、DC推進機構東京オフィス、筑邦銀提供)
人事異動 筑邦銀行(2024年6月26日)
役員人事 筑邦銀行(2024年6月26日)
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)

関連キーワード

インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)