大分銀、預かり資産5000億円超えへ 野村証券提携でペース加速

2024.03.21 04:40
資産形成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
顧客にファンドラップを提案する大分コンサルティングプラザの安部華果係長(左から2人目)と中村あかねさん(左から3人目、2月27日、大分コンサルティングプラザ)
顧客にファンドラップを提案する大分コンサルティングプラザの安部華果係長(左から2人目)と中村あかねさん(左から3人目、2月27日、大分コンサルティングプラザ)
大分銀行は、預かり資産残高5000億円が間近だ。2月末の残高は約4800億円。2027年3月末の目標だったが、早期に達成が見込まれる。
計画を上回る増加ペースの要因は、野村証券との提携。23年3月に業務開始後、ファンドラップや外債など取扱商品数は約10倍の800商品に増えたことで、顧客のライフプランに合わせた幅広い提案が可能になった。株...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

野村証券、賃貸戸建てSTOの公募完了 国内初、ケネディクスらと
野村証券吉祥寺支店、運用・相続ニーズに攻勢 ストック資産2年で3割増
新規開拓の戦略を練る若手チームと竹村支店長(左から2人目、6月10日)
九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
大分銀、「カスハラ」対応方針策定 悪質な場合は通報も

関連キーワード

資産形成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)