金融界、23年超の賃上げ相次ぐ 社員の意欲向上へ先手

2024.01.17 04:45
ES 労組・従組 給与
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
金融界で、2023年を上回る水準の賃上げを表明する動きが目立っている。野村証券は24年度、基本給を底上げするベースアップ(ベア)と昇給を合わせ入社3年目までの社員に対して平均16%の賃上げを検討する。香川銀行は1月5日、23年度の平均ベア率より1.2ポイント高い3.9%のベアの方針を固めた。24年春闘は賃上げの持続性を左右する正念場だが、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
香川銀、全法人担当を海外研修 5年間で300人視察へ
不動産管理を手掛ける取引先「穴吹ハウジングサービス」の現地企業から話を聞く研修参加者(23年12月6日、ホーチミン市内、香川銀提供)
ラップ市場、対面と非対面で拡大続く 大和・日興証券が首位争い
香川銀、新入行員の絆強める ハンドボールで交流
同期と連携したプレーで鋭いシュートを放つ新入行員(4月4日、高松市内)

関連キーワード

ES 労組・従組 給与

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)