インタビュー 三井・預保理事長、簡単ではない可変料率、目標設定へ国際比較も

2021.04.23 05:00
インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 3月1日に就任した三井秀範・預金保険機構理事長(61歳、元金融庁企画市場局長)が本紙インタビューに応じ、可変保険料率の導入は「コロナ禍を踏まえると簡単ではない」という見解を示した。責任準備金の新たな積立目標の設定については、欧米との比較を一つの軸にして議論を進める方針だ。◇ ――平成金融危機の対応や2013年の預金保険法改正に携わってき...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

預保、1億7000万円交付 福邦銀と青森2行に
預保、新生銀の防衛策に「疑義」 強すぎる効果を問題視
鈴木金融相、新生銀への議決権行使は「預保・RCCの判断踏まえ検討」
預保、新生銀とSBIに質問状 価値向上策を問う

関連キーワード

インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)