新潟県の3信組が合併 「はばたき・三條」に「鉄道」が合流

2023.04.14 19:23
経営統合・合併
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
ON新潟鉄道信組①

新潟県のはばたき(宇野勝雄理事長)、三條(佐藤一正理事長)、新潟鉄道(小林義孝理事長)は4月14日、11月20日に対等合併することで基本合意した。存続信組は、はばたき信組。合併後の本店は同信組本店。


2022年4月に、はばたきと三條の2信組が合併で合意しており、新潟鉄道信組がこれに合流する形。3信組の合併により、預金量は1666億8100万円、貸出金は854億9400万円、店舗数は19店舗(22年3月末の計数を合算)となる。


新潟鉄道信組は、JR東日本の新潟支社管内(新潟県と山形県の一部)を営業地域とする。店舗は新潟市の本店のみ。組合員はJRグループの職員とOB・OGで、4097人(22年3月末時点)。22年3月期の自己資本比率は14・99%と財務体質は健全だが、組合員数は減少傾向にある。22年9月期の当期純利益は1889万円の赤字だった。同信組の小林理事長はニッキンの取材に対し「小規模信組であり、余力があるうちに(合併を)考えた」と話し、同信組から合併を申し入れたことを明かした。ON新潟鉄道信組②


はばたき信組の宇野理事長は「当組合の元監事が新潟鉄道信組さんに数年間在籍した縁があった。顧客はJRの職員さんで健全性が高い。今年は当組合70周年の節目の年。合併により営業地域が広域化する。合併に合わせて、現在建築中の新本店もグランドオープンする」と語った。


【関連記事はこちら】


新潟県の「はばたき」と「三條」の2信組が合併へ


はばたき、三條信組が正式発表 23年12月めどに合併

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融庁、4信組に公的資金 全信組連通じ計140億円
おくやみ 宇野 勝雄氏が死去 はばたき信組理事長
新「はばたき信組」スタート、新潟県の3信組が合併 
テープカットする赤塚副理事長(中央)、北村全信組連理事長(左)、青木財務事務所長(左4人目)ら(11月20日、はばたき信組本店)
新潟財務事務所、3信組に合併認可書交付 20日から「はばたき信組」
認可書を受け取った(左から)小林理事長、佐藤理事長、赤塚副理事長と青木所長(11月17日、新潟財務事務所)

関連キーワード

経営統合・合併

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)