三井住友信託銀、データ流通基盤開発 エストニアの電子システム活用

2023.03.14 18:55
システム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

三井住友信託銀行は3月14日、エストニア共和国のテクノロジー企業「Cybernetica AS(サイバネティカ)」と日本電気の3社で、同国の電子政府基盤システム「UXP」を活用したデータ流通基盤の事業開発を共同で検討することに合意したと発表した。


「UXP」は、エストニアの電子政府基盤システム「X-Road」を発展的に開発されたサイバネティカが有するセキュアな情報プラットフォーム。エストニアでは納税、警察、教育、選挙、会社登記などの行政サービスを電子IDカードでワンストップかつペーパレスで利用できる。


同行は2019年から個人情報の安全な流通とデータ利活用の仕組み(情報銀行事業)や、データ流通基盤(データ交換プラットフォーム)事業の構築に関し、賛同企業・自治体などとUXPを活用してヘルスケア情報にかかる実証実験を複数回実施してきた。この取り組みを加速し、同行の金融サービスの提供も視野に入れた社会実装を進める。


具体的には、23年度以降にサイバネティカからUXPライセンス供与や技術支援、エストニアでのX-Roadの事例紹介を受け、オンラインに実証的なフィールドを構築する。


実証実験に参加してきた企業や自治体、大学などとともに、個人のヘルスケア情報を保管・閲覧するほか、必要に応じて医療・介護機関、ヘルスケアサービス事業者などとデータを共有。その情報の流通基盤の事業化などを検討する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

住友生命の健康経営支援サービス 三井住友信託銀が導入
ゆうちょ銀、ATM管理の負担軽減 現金確保、保管を不要に
三井住友信託銀日本橋営業部、人生設計支援で取引深耕 地域活性化両立し表彰へ
「東京建築祭」にも出展。館内の見学コースや展示物の打ち合わせを行った。(5月24日撮影、三井本館)
大手行、6月住宅ローン金利を引き上げ 長期金利1%台

関連キーワード

システム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)