広島銀、新ファンドラップサービス構築 三井住友DSアセマネと連携

2023.01.15 04:30
投信
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
広島銀行は、三井住友DSアセットマネジメントと連携し、新たなファンドラップサービスを構築した。5月から取り扱いを開始する予定。行員が継続的にフォローアップできる仕組みや達成確率が表示されるパッケージサービスは珍しい。
新商品のコンセプトは「ゴールベースアプローチ型」。顧客の人生目標(ゴール)を共有し、中長期的に伴走支援する。目標達成に向...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

広島銀、金利正常化へ勉強会 職員320人が参加
オンラインを併用して職員300人以上が勉強会に参加した(2月17日、本店)
広島銀、アプリ開発内製化 照会機能を拡充
新機能について会議するアプリ開発チームと企画担当者(1月26日、本店)
【実像】手形・小切手の完全電子化 〝岩盤〟崩しへ 正念場迎える
金融界はチラシなどを通じて電子決済への移行を呼びかけている
広島銀、手形・小切手の全面的な電子化へ 4月から当座預金の新規停止

関連キーワード

投信

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)