鹿児島銀、店頭事務1年半で8万時間削減 独自開発端末が効果

2023.01.10 04:55
事務効率化
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
鹿児島銀行は店頭手続きのプロセスを見直し、営業店事務の変革を進めている。活用するのは店頭窓口に備えるタブレットやウェブサイト上で提供する伝票作成ツールだ。利用者の負担を減らし、銀行にとっても事務リスクの抑制や効率化につなげられる。事務プロセス改革を通じて余力を創出し、相談業務などに経営資源を投入したい考え。
2023年度中に窓口タブレッ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
鹿児島銀、年240件の事業承継相談 専門組織新設し支援強化
鹿児島銀・県信連など、アミノ酸で畜産GX 味の素と連携協定締結
締結式に参加した鹿児島銀の竹之下浩美常務(後列左)、鹿児島県信農連の中禮誠常務(同左から2人目)と、塩田知事(前列左から3人目、4月22日、鹿児島県庁)
鹿児島銀、新3カ年中計始動 純利益180億円目指す

関連キーワード

事務効率化

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)