三菱UFJ銀、フィンテックのカンムへ7割出資

2022.12.27 19:58
フィンテック ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

三菱UFJ銀行は12月27日、フィンテックのカンムの株式約7割(投資額約160億円)を取得することで合意した。2023年3月末にも連結子会社化する。カンムの機能やノウハウをグループの商品・サービスと組み合わせて利便性向上を目指す。


カンムは、オンライン決済サービスでVisaブランドのプリペイドカードアプリ「バンドルカード」を発行。600万ダウンロードを誇る。


スコアリングモデルを活用した後払いサービス「ポチっとチャージ」は、チャージ後すぐにコンビニなどでの支払い利用可能。同行は、銀行にはないノウハウを掛け合わせて「イノベーションを創出する」という。


同行は個人顧客3400万人を対象にバンドルカードを展開し、既存ブランドのデビットカードへ後払いサービス機能の実装を見込む。将来的には、「B2CだけでなくB2Bにもスコアリングモデルを活用し、海外向け金融商品への展開を検討する」としている。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、新卒辞退者に「ファストパス」 若手の中途採用機関7割増
銀行・信金、実務型インターン3割 多様な業務内容 理解促す
七十七銀は24年2月に実践型グループワークなどを行う5日間のインターンを実施した(七十七銀提供)
メガバンクなど、宇宙ファンドに出資 スパークスに総額110億円
MUFG、Luupの事業拡大支援 動産信託の仕組みで資金提供
三菱UFJ銀行荻窪支店に設置されたLuupポート

関連キーワード

フィンテック ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)