埼玉りそな銀、非対面の相談機能強化 時短勤務者が活躍へ

2022.12.07 04:30
インタビュー 資産形成 働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
埼玉りそな銀行は、資産運用の非対面取引を強化する。オンラインツールを使って店頭と同等のサービスを提供し、顧客の理解度を高めたうえで投資商品の販売・契約につなげる考え。2023年度から新たな推進体制を構築し、これまで取引拡大が難しかった現役世代などを開拓する。
同行は23年3月末までに、店頭で取り扱う投資商品をオンラインで相談しながら契約...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

りそな銀・埼玉りそな銀、日本生命とペアローン型団信を共同開発
人事異動 埼玉りそな銀行(2024年1月12日)
埼玉りそな銀、DBJ・JERIと協定 県内の地域課題解決へ
埼玉りそな銀、中小企業の価格転嫁支援 サポーター1000人配置
「中小企業の価格転嫁を支援する」と語る福岡社長(12月5日、本店)

関連キーワード

インタビュー 資産形成 働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)