狭域高密着で事業先支援 木村・大分信金理事長

2022.11.24 04:50
インタビュー 周年
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
大分信金・木村理事長
11月14日に創立100周年を迎えた大分信用金庫。6月に5代目理事長に就任した木村浩樹理事長(57)に周年行事や店舗戦略などを聞いた。

100周年への思いと取り組みは。
「100年企業の重みを感じている。これまで関わった全ての人に”感謝”と地域に貢献し続けることができた”誇り”をテーマに周年事業を進める。営業店がある4市に寄付、子...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

大分信金 内勤者のローン獲得好調 本部支援で電話営業定着
大分信金、営業店の内部職員への支援内容を話し合う営業支援グループの職員(12月13日、本店)
観光立県・大分を活性化(下) 県内信金・信組、取引先支援に注力
公式インスタグラムに紹介するためにカフェ「LARS」の谷村若菜店長(左)に取材する大分信金の薬師寺推進役(9月9日)
大分みらい信金 “口コミ“解析し改善提案 観光業の復興へ 
役員人事 大分信金(6月28日)

関連キーワード

インタビュー 周年


アクセスランキング

おすすめ