沼津信金、知財関連相談を下期50件へ 新規事業展開サポート

2022.11.05 04:44
知財
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
事業者からの相談に対応する小林課長代理(右、10月19日、沼津トラストビル)
事業者からの相談に対応する小林課長代理(右、10月19日、沼津トラストビル)
沼津信用金庫(静岡県、鈴木俊一理事長)は10月~2023年3月に、取引先を含めた沼津市内企業から受ける知的財産関連の相談件数を50件以上とする方針。特許・商標権などに関する公開情報の調査・分析を通じて、事業者の新規事業展開や商品開発を支援する。
同信金は17年から「知的財産アナリスト」の資格を持つ職員による無料の相談事業を展開。月・水・...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

沼津信金、役席者の制度活用増加 〝配置換え〟で業務学ぶ
富士岡支店の風間凌主任(左)からレクチャーを受ける上町支店の宮口笑弥さん (23年12月7日)
沼津信金、新現役交流会開く 対面とウェブで31面談
自社の課題を話す取引先企業社員(左から3人目、2月1日、沼津トラストビル)
沼津信金徳倉支店、地公体と連携し企業開拓 短期目標で意欲向上
三杉精工の平野社長(右)から製造部品について話を聞く村松佑介係長(中央、2023年12月12日、三杉精工)
信金、民都機構との連携加速へ 共同ファンドでまちづくり
信金中金は「まちづくり地域活性化セミナー」をオンラインで開催した(12月20日、本店)

関連キーワード

知財

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)