コロナ禍の料理店再興  「よろず」と二人三脚で 鹿児島相互信金 

2022.10.24 04:50
事業再構築支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
アフターコロナ支援部とよろず支援拠点が連携してサポートする(10月13日、青菜)
アフターコロナ支援部とよろず支援拠点が連携してサポートする(10月13日、青菜)
鹿児島相互信用金庫(鹿児島県、永倉悦雄理事長)は鹿児島県よろず支援拠点と連携を強め、取引先の本業を支援している。本部と営業店も一体的に動き、顧客起点で「継続的な伴走支援」を追求する。よろず支援拠点や営業店をつなぐ「結節点」となるのが2021年3月創設の「アフターコロナ支援部」だ。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた事業者を中心に新分...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

元鹿児島相互信金職員を逮捕 約3000万円の詐欺容疑 鹿屋警察署
鹿児島相互信金、霧島で「食」イベント 人流創出へ2大学と連携
鶏肉を解体する参加者(12月10日、霧島市内)
鹿児島相互信金、鯉料理店の承継実現 大崎町スキームで第1号 
成約を祝う記念式には産官金の関係者も参加した(11月25日、高井田養魚場)
鹿児島相互信金、園児とアマモ植え付け 海洋保全学ぶ
笑顔でアマモを植える園児(11月22日、指宿市)

関連キーワード

事業再構築支援


アクセスランキング

おすすめ