南日本銀、公的資金150億円完済へ 1年半前倒しで 

2022.09.14 18:00
資本政策
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
0594南日本銀(建物 21年4月21日撮影)
南日本銀行は9月14日の取締役会で、公的資金150億円を完済する方針を決めた。金融庁などの承認をすでに受けており、2023年度末の返済期限を待たず1年半前倒しで返済する。
9月30日、優先株を保有する整理回収機構から全300万株を取得し、すべて消却する予定。1株の取得価額は5030円。22年3月末の単体自己資本比率は11.04%で、返済...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 南日本銀行(10月11日)
おはら祭で踊り披露  鹿児島県内金融機関
先頭で扇子を手に踊った南日本銀の斎藤頭取(11月3日、鹿児島市内)
南日本銀、23年4月に投資子会社 事業承継や再生支援 
南日本銀姶良支店、顧客つなぎ 課題解決 本部・僚店と連携支援
経営戦略について意見交換する宮之原代表取締役(左)と木村支店長(8月24日、イング本社)

関連キーワード

資本政策


アクセスランキング

おすすめ