TSMCが熊本進出へ(上) 九州地区金融機関、情報収集し幅広い需要に対応

2022.08.14 04:17
地方創生 取引先支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
肥後銀大津ブロックは、工場周辺のニーズをこまめ共有している(6月28日)
肥後銀大津支店は、工場周辺のニーズをこまめに共有している(6月28日)
半導体受託製造の世界最大手TSMC(台湾積体電路製造)が、2024年に熊本県へ進出する。肥後銀行は、工場稼働から2年間の経済効果を1兆8000億円と試算するなど、九州地区金融機関は「千載一遇の好機」と期待を寄せる。県内の肥後銀、熊本銀行、熊本第一信用金庫は、地元企業や自治体と連携し土地や住宅、サプライチェーンなどの情報を集め、多様なニーズ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

肥後銀、地元企業と連携し取引先のDX支援
協定書を手にする(左から)笠原頭取、平木実KIS 代表取締役、德永賢治九州デジタルソリューションズ社長(3月29日、本店)
福岡銀博多駅東支店、店内プレゼンで法人担当の提案力強化
プレゼンで渉外担当者が取引先のビジネスモデルや提案内容などを発表する(3月1日)
肥後銀、手数料増へ自治体向けビジネス 催告業務受託も準備
肥後銀看板
ふくおかFG3行、全ATMを地方税QR納付対応に 全国初
納付書に印刷されたQRコードをマルチリーダーにかざして読み取り、キャッシュカードや現金などで納付する(提供)

関連キーワード

地方創生 取引先支援


アクセスランキング

おすすめ