伊予銀、地銀で初めて日本経営と業務連携 地域医療の課題抽出

2022.05.10 18:08
提携・連携
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
伊予銀行は5月10日、病院や介護福祉事業者の経営コンサルティングを手掛ける日本経営と地域医療活性化に関する業務連携協定を結んだ。日本経営との連携は地方銀行では初。
愛媛県を中心とした地域医療の活性化に向けて支援することが目的。両者は、①各二次医療圏区域内のマーケティング・課題の抽出➁将来のあるべき医療提供体制に関するアドバイス③適正病床...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 伊予銀行(10月3日)
伊予銀、医療事業者支援を加速 他社との連携を強化
役員人事 伊予銀行(6月29日)
伊予銀宇和島グループ、専担配置で連携強化 平準払い保険171件
保険コンサルは宇和島グループの推進体制として定着(5月20日、宇和島支店)

関連キーワード

提携・連携

アクセスランキング

おすすめ