佐賀銀、AIでリアルタイム配信 窓口の混雑状況 

2022.01.30 04:50
AI
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

佐賀銀行は2月1日から、AI(人工知能)画像認識技術を活用した窓口の混雑状況をリアルタイムで配信するサービスを始める。対象は佐賀市内の5カ店(本店営業部、水ヶ江、与賀町、鍋島、神野町の各支店)。


IT企業「バカン(東京都千代田区)」が提供するシステムで、営業店に新たに設置したカメラを通じて店内の座席の利用状況を解析し、スマートフォンやパソコンに混雑状況を配信する。画面には「空きあり」「やや混雑」「混雑」の三つに分け、おおよその待ち人数も表示する。新サービスを利用すれば、混雑を避けて来店することができ、待ち時間の短縮や新型コロナウイルス感染症予防へ〝密〟を避けられる、とする。


混雑状況は、同行のホームページへのアクセス、スマホでのQRコード読み取り、公式LINEアカウントからの三つの方法で確認できる。

メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

佐賀銀小城支店、新人事制度の導入サポート 事業再構築補助金4件採択
中島工務店の前山邦敏会長(左から2番目)と中島信哉社長(同3番目)から経営状況について話しを聞く井上支店長(7月20日)
佐賀銀、SDGs宣言支援の利用先拡大 年間250社見込む
佐賀銀が取引先企業と一緒になって制作したSDGs宣言書
佐賀銀、プロ市場上場を支援 見込み先へ提案開始
役員人事 佐賀銀行(6月29日)

関連キーワード

AI


アクセスランキング

おすすめ