七十七銀、PEファンド組成 20億円でハンズオン

2022.01.04 19:15
事業承継支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

七十七銀行は1月4日、事業承継に課題を抱える地元企業への投資を行う総額20億円の「七十七パートナーズ第1号ファンド」を組成した。経営権取得を伴うマジョリティー投資のプライベートエクイティ(PE)ファンドで、存続期間は10年間。


投資専門子会社「七十七パ-トナーズ」を2021年12月に設立し、ファンドには子会社が無限責任組合員(GP)、同行が有限責任組合員(LP)として出資した。


現在、投資先企業の発掘(ソーシング)中で、「地域に根差した企業へ投資したい。年度内に第一号の実行を目指している」という。投資先には、同社社員や同行行員を非常勤の役員などで派遣する見通し。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

MEJAR、NTTデータとクラウド化など協議 参加行拡大も検討へ
七十七銀の子会社、結婚相談所を開業 手厚いサポート強みに
東北地区地域銀、入行式を開催 トップが訓示で激励
新入行員に訓示を述べる小林・七十七銀頭取(3月28日、七十七銀本店)
七十七銀、株主優待で地元特産品 日本赤十字社に寄付も

関連キーワード

事業承継支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)