富士信金、全店で紙製ファイルを導入

2021.12.13 19:25
地域・社会貢献
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
富士信用金庫(静岡県、浅見祐司理事長)は、SDGs(持続可能な開発目標)に向けた取り組みの一環で、紙製のクリアファイルを採用。全店に計1万部導入を進めている。
プラスチック素材の使用を抑えるとともに、富士市の地場産業である製糸業の活性化を目指す。ファイル下部には、環境省が推奨する「プラスチックスマート」や、同市が定める「富士市SDGs未...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 富士信用金庫(6月14日)
富士信金富士支店、「提案型」で新事業創出 補助金採択後に注力
商品の売れ行きなどについて話す(左から)久保田支店長、渡邊智一係長、ハンザワの半澤敏夫代表取締役(3月8日、DADA富士店)
富士信金、プロ自転車チーム応援 地元レース盛り上げ
地元のプロサイクリングチーム「レバンテフジ静岡」のロゴ入りシャツを着用する職員(3月18日、本店)
富士信金、本部・営業店一体で課題解決 伴走支援型特別保証で成果
西尾商店の西尾公伸代表取締役社長(中央)、西尾透雄専務取締役(右)と話す融資部事業サポート課の高橋広和課長代理(11月30日、西尾商店)

関連キーワード

地域・社会貢献

アクセスランキング

おすすめ