大分銀、預かり資産7000億円めざす 野村証券と連携で成果

2024.06.21 13:00
提携・連携 経営方針・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

大分銀行は6月21日、2023年3月に野村証券との包括的業務提携開始で掲げた「27年3月末の預かり資産残高目標5000億円」を約1年で達成したと発表した。また、新たな目標を31年3月末までに、さらに1.4倍の7000億円とした。


提携開始当初の預かり資産残高は約3700億円だったが、連携により取扱商品の拡充や幅広い提案が可能になったこと、株高によりストック資産が約36%拡大したことなどが要因。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
大分銀、「カスハラ」対応方針策定 悪質な場合は通報も
人事異動 大分銀行(2024年6月20日)
役員人事 大分銀行(2024年6月20日)

関連キーワード

提携・連携 経営方針・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)