TAC、信金向けに新プログラム 多摩大と共同で試行開始

2021.11.06 04:39
人材育成 事業者支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
TACと多摩大が共同企画した試行プログラムには3信金が参加した(10月5日、多摩大)
TACと多摩大が共同企画した試行プログラムには3信金が参加した(10月5日、多摩大)

TACは多摩大学と共同で、信用金庫とその取引先の幹部候補生を対象とする新たな人材育成プログラムを試行し始めた。将来的には、各地域の大学と連携して、全国の信金向けに提供していきたい考え。


名称は「次世代事業開発人材育成プログラム」。信金の取引企業から、将来を担う30~40代の中堅社員を推薦してもらい、それぞれの社内で新規事業を生み出すためのノウハウを学ぶ。信金の職員も一緒に受講し、取引先の課題解決を支援する力を養う。


11月5日、多摩大の多摩キャンパスで試行プログラムの第1回を開催し、地元3信金(東京東信用金庫、多摩信用金庫、川崎信用金庫)とその取引先3社から計9人が参加。同校経営情報学部の教授2人が講師を務めた。


プログラムの期間は、2022年6月までの8カ月間。対面とオンラインを組み合わせ、月1回のペースで計8回の講義を行う。TACは、企業経営アドバイザーの資格取得のための動画コンテンツを受講者に提供し、宿題として次回講義までの視聴を複数回に分けて課していく。カリキュラムには、座学に加えて、互いの企業を訪問し合うフィールドワークも組み入れる。


最終的な目標は、各取引先で「次世代の本業」となりうる新規事業を考案すること。最終回には3社の社長を招き、新規事業案のプレゼンを行う予定だ。


地域金融機関が自前で外部講師を招き、取引企業の次世代経営者を育成する学びの場を提供する取り組みは多い。その一方で、外部の教育機関が金融機関向けに専用カリキュラムを用意するのは全国的にも珍しい。TACは今回の試行プログラムを通じて育成効果を確かめるとともに、他地域の信金でも潜在ニーズがあるかを探っていくことにしている。

メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

東京東信金、葛飾区制度融資の利子補給金 777件・8万円を誤送金 
多摩信金 アプリで現役層の接点拡大 校納金口振、育児情報を発信
金融手続きのほか現役世代に役立つコンテンツを用意した多摩信金アプリ
東京東信金、警視庁と災害協定 大規模水害時など避難者支援
災害協定を締結した東京東信金の中田理事長(左から3人目)、警視庁の岩下警備部長(同4人目)ら(5月18日、東京東信金両国本部)
東京東・城南信金、データサイエンスで芝浦工大と連携 コロナ禍の取引先の本業支援
データサイエンス活用で連携する(手前左から)中田理事長、山田学長、川本理事長(5月12日、芝浦工業大学豊洲キャンパス)

関連キーワード

人材育成 事業者支援

アクセスランキング

おすすめ