沼津信金、電子稟議システムを導入 業務効率化で面談時間増

2024.06.06 14:22
事務効率化 システム 顧客管理
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
沼津信用金庫(静岡県、鈴木俊一理事長)は、7月までに融資稟議(りんぎ)をオンラインで回覧できる「融資稟議支援システム」(情報企画)を全店舗に導入・移行する。営業店の融資事務を効率化し、顧客との面談時間を増やすのが狙い。稟議書作成時間の年2800時間削減を見込む。
稟議書のフォーマットは従来の書式をそのまま採用することで移行時の混乱を防ぐ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

沼津信金、吉本興業とお笑い研修 4年間で新人100人超が受講
実際に芸人が立つ舞台でネタを披露した(4月22日、沼津ラクーンよしもと劇場)
沼津信金の長田さん、小山町活性化へ奮闘 企業誘致と地元雇用で貢献
進出企業のENボード籠谷陽介取締役(左)から現況を聞く長田専門官(小山町)
人事異動 沼津信用金庫(2024年4月1日)
沼津信金、役席者の制度活用増加 〝配置換え〟で業務学ぶ
富士岡支店の風間凌主任(左)からレクチャーを受ける上町支店の宮口笑弥さん (23年12月7日)

関連キーワード

事務効率化 システム 顧客管理

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)