日本郵政Gと住宅機構、被災地の早期復興へ協定 情報や拠点共有で連携

2024.05.31 15:57
提携・連携 貸出・ローン 災害
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
日本郵政グループ(G)の日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行と住宅金融支援機構は5月31日、「被災地域の早期復興に向けた連携支援に関する包括協定」を結んだ。日本郵政Gと住宅機構が包括協定を結ぶのは初めて。各地域に広く有する日本郵政Gの拠点や、その拠点を生かして得られる情報などを共有し、被災した住宅の早期復興につなげる。
現地の被害状況や、そ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

次世代ATM導入 相次ぐ、ユニバーサルデザイン採用 新紙幣にも対応
個人国債の販売戦略変化 三井住友銀、非対面軸に2000億円
ゆうちょ銀、ATM管理の負担軽減 現金確保、保管を不要に
ゆうちょ銀元社員、7人から2240万円窃取 調査で余罪が判明

関連キーワード

提携・連携 貸出・ローン 災害

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)