ひろぎんHD、24年3月期純利益121%増の276億円 株式等関係損益などが改善

2024.05.13 17:40
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
決算を発表する部谷社長(左)と広島銀の清宗一男頭取(5月13日、広島商工会議所)
決算を発表する部谷社長(左)と広島銀の清宗一男頭取(5月13日、広島商工会議所)
ひろぎんホールディングス(HD)が5月13日に発表した2024年3月期の連結決算は、当期純利益が前年同期比121.4%増の276億9100万円だった。政策保有株式等の売却益を計上したことにより株式等関係損益が改善したことに加え、シップファイナンスやシンジケートローンの手数料が増加したことが寄与した。
広島銀行単体のコア業務純益(投資信託...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀協、新ビジネス開発で講座 社内起業の先輩らが講演
再考・地方創生(2) 観光需要に開拓余地
広島銀、金利勉強会を継続 顧客へ適切に情報提供
広島銀、相続の顧客提案迅速に AI不動産査定サービス導入

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)