宮古信金、防災用テントを寄付 山田町商工会へ

2024.03.29 05:30
寄付
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
防災テントの目録を山﨑純一・山田町商工会会長(右)に渡す齋藤理事長(3月28日、山田町商工会)
防災テントの目録を山﨑純一・山田町商工会会長(右)に渡す齋藤理事長(3月28日、山田町商工会)
宮古信用金庫(岩手県、齋藤浩司理事長)は3月28日、山田町商工会に防災用品として集会テントを寄付した。
地域の防災力向上と防災意識の醸成を目的に始めた防災定期預金「そなえ」を2023年12月~24年2月末に販売。この預入額6億4600万円の0.02%相当額を営業エリア内の公共団体に寄付するもの。今回が3回目。
同信金の営業エリアは、東...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

宮古信金、小学生が写生会 遊覧船「宮古うみねこ丸」を題材に
宮古うみねこ丸を描く子供たち(9月12日、宮古市浄土ヶ浜発着所、宮古信金提供)
役員人事 宮古信金(6月28日)
宮古信金、元職員が313万円不正利用
よい仕事実行委、宮古市と包括的連携

関連キーワード

寄付

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)