銀行界、マイナ一本化対応へ着手 オンライン本人確認

2024.03.29 04:55
セキュリティー 防犯 顧客管理
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
銀行界が、犯罪収益移転防止法のオンライン本人確認(eKYC)で、新規制への対応に動き出した。政府は2026年度にもマイナンバーカードを用いる認証手法に一本化する方針で、住信SBIネット銀行や山形銀行、百五銀行などは、従来手法を残したうえで提供を始めた。ただ、一本化は顧客の利便性を損なう懸念があり、早期対応は限定的になる可能性もある。
政...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

ネット銀、住宅ローン戦略多様化 金利以外の魅力向上
山形銀、新入研修を2カ月に延長 長期宿泊で連帯感醸成
自主的に企画したスポーツ大会のフットサルで交流を深めた(山形銀行体育館)
銀行・信金、実務型インターン3割 多様な業務内容 理解促す
七十七銀は24年2月に実践型グループワークなどを行う5日間のインターンを実施した(七十七銀提供)
アラームボックス、口コミ情報でマネロン防ぐ AI与信ツールを応用

関連キーワード

セキュリティー 防犯 顧客管理

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)