新潟県労金、小千谷支店がスポーツ用品寄贈 管内の労組会員も協力

2024.02.02 11:01
寄付
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
宮崎市長に(右)目録を手渡す細貝副委員長(中央)と源川支店長(2月1日、小千谷市役所)
宮崎市長(右)に目録を手渡す細貝副委員長(中央)と源川支店長(2月1日、小千谷市役所)

新潟県労働金庫(齋藤敏明理事長)小千谷支店は2月1日、小千谷市と魚沼市の小中学校および総合支援学校にバレーボールやなわとびを寄贈した。小千谷支店の源川智雄支店長らが小千谷市役所を訪れ、宮崎悦男市長に目録を手渡した。


顧客の資産形成商品の契約件数や資産形成セミナーの開催数に応じて、地元の子供に寄付する取り組みの一環。2023年度は資産形成商品の新規契約が449件、セミナー実施が87回など全ての目標を達成した。寄贈したのは両市合計でソフトバレーボール48個、なわとび100本、エクササイズ用のゴムボール18個。同日、魚沼市役所でも贈呈式が行われた。


取り組みには同店の団体会員(労働組合)で構成する「ろうきん小千谷支店推進委員会」も協力。会員向けのアンケートやセミナーで協力を呼びかけた。目録の贈呈は同委員会を代表して細貝大祐副委員長(=日本ベアリング労働組合委員長)が行った。


宮崎市長は「地域が温かく見守っていることが子供たちに伝わる」と評価。源川支店長は「安心して利用してもらえるよう、各学校ですでに利用されている用具にした。子供の体力向上につながれば」と述べた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

新潟県労金、「ガチャ」を支店に設置 障がい者の収入アップ貢献
「さんろーど」のメンバーに来店客の反応を説明する田中支店長(左、1月29日、新潟市)
新潟県労金五泉支店、移動店舗に駐車スペース提供 障がい者作ったケーキ販売
MURMURカフェのスタッフを見守る月岡支店長(11月21日、五泉市)
新潟県内金融機関、4年ぶり「大民謡流し」 トップらも参加
先頭に立って踊る新潟信金の小松茂樹理事長(中央)(8月4日、新潟市)
新潟県労金、交通遺児に60万円寄付 車ローン利用者にも呼びかけ
小岩理事(左)に目録を手渡す齋藤理事長(6月12日、新潟県庁)

関連キーワード

寄付

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)