宮崎・鹿児島県内金融機関、焼酎メーカーの成長後押し

2024.01.25 04:35
コンサル 販路拡大支援 マッチング支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
蒸留器の説明を受ける田之上・南日本銀卸本町支店長(中央、23年12月5日、嘉之助蒸留所)
蒸留器の説明を受ける田之上・南日本銀卸本町支店長(中央、23年12月5日、嘉之助蒸留所)
焼酎の出荷量・消費量ともに、全国トップクラスの宮崎県と鹿児島県。だが、原材料高や若年層の酒離れ、コロナ禍を経ても戻りの弱い消費――などを背景に、酒造会社は事業の強化・再構築が改めて求められている。両県の金融機関は、焼酎蔵との深いリレーションシップを軸に、ファイナンスを含むさまざまな支援を展開している。いずれも、取引先に寄り添い、事業の安定...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

南日本銀、外貨預金の受け入れ終了 業務を効率化
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
鹿児島銀、年240件の事業承継相談 専門組織新設し支援強化
鹿児島銀・県信連など、アミノ酸で畜産GX 味の素と連携協定締結
締結式に参加した鹿児島銀の竹之下浩美常務(後列左)、鹿児島県信農連の中禮誠常務(同左から2人目)と、塩田知事(前列左から3人目、4月22日、鹿児島県庁)

関連キーワード

コンサル 販路拡大支援 マッチング支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)