メガバンク、アジア融資「選別」進む 金利耐性に脆弱さ

2023.11.29 04:45
貸出・ローン 海外戦略 調査・統計
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
コロナ禍後の景気回復局面で残高を伸ばしてきたメガバンクのアジア向け融資が「曲がり角」に差し掛かっている。米欧の利上げによる世界的な景気後退懸念が強まり、企業の金利耐性が他地域より脆弱(ぜいじゃく)なアジアの取引先を選別する姿勢が鮮明化。不良債権比率も上昇傾向で、採算性を意識した海外戦略が残高に変化をもたらしている。
日本銀行の調査による...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

決済機能高め預金拡大 中島・三井住友FG社長
東西ペンリレー 生成AI
三井住友FGとPwC Japan、「プロボノ」1日体験会開催 12社から127人参加
各グループがNPOの課題解決案をプレゼンで発表(2月17日、三井住友FG本社)
メガバンク、海外利ざや拡大継続へ 低採算資産の削減一段と

関連キーワード

貸出・ローン 海外戦略 調査・統計

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)