マンスリーマーケット(12月) 中銀動向が気になる年末相場

2023.11.27 04:25
株式市場 マンスリーマーケット
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

年の瀬も近づく中であるが、市場参加者にとっては経済イベントに追われながらの忙しい12月となりそうである。特に注目されるのは日銀の動向だ。日銀は、12月4日に第1回となる「金融政策の多角的レビュー」に関するワークショップを開催する。


この〝レビュー〟は、4月に実施が決まり、過去四半世紀の非伝統的金融政策手段の効果と副作用を分析するものとなる。市場には、第1回レビューの議論・データが、一段の金融政策正常化を進める呼び水となるとの見方もある。12月18、19日には日銀会合を控える。レビューが今後の金融政策にどのような影響を与えるのか、総裁の発言が注目される。


欧米中銀の会合にも関心が高い。12月12、13日に開催されるFOMCでは四半期開示のドットチャートが示される。追加利上げへの警戒はかなり低下しているため、現時点で連銀メンバーが来年末の政策金利をどの程度で見ているのかが注目だろう。


ECBは前回会合で11会合ぶりに政策金利を据え置いた。ただし、ECBのラガルド総裁は金利据え置き期間がしばらく続くと示唆している。欧州景気の基調が心もとない中、どのようにインフレ抑制とバランスを取っていくのか確認が必要だ。


中銀イベント以外では、12月13日に発表される日銀短観が注目。設備投資計画が堅調さを保っているようだと、国内景気の堅調見通しを支える材料となりそうだ。


大和証券 日米株チーフストラテジスト 坪井 裕豪氏


すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

マンスリーマーケット(3月) 日本株を取り巻く需給面の好材料が意識されそう
大手証券、株取引の価格改善へ 個人向けにPTS活用
マンスリーマーケット(2月) 国内株投資拡大機運の高まりに期待
マンスリーマーケット(1月) 世界的に政治イベントの多い2024年

関連キーワード

株式市場 マンスリーマーケット

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)