証券界、株主還元強化相次ぐ 大和は自社株買い上限4割増

2023.11.16 04:25
株式市場 情報開示 経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
決算会見で説明する大和証券G本社の佐藤英二CFO(左、10月31日、東証)
決算会見で説明する大和証券G本社の佐藤英二CFO(左、10月31日、東証)
証券会社が株主還元を相次いで強化している。大和証券グループ(G)本社は自社株買いの実施を発表し、2023年度分の自己株式取得価額の上限を22年度分から40%増の350億円に引き上げた。他社でも配当性向引き上げなどの動きが目立つ。東京証券取引所の株価や資本コストを意識した経営実現に向けた要請も背景にある。市場環境に左右されにくい安定した経営...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融機関、女性の健康支援相次ぐ オンライン診療導入など
改革の旗手 杉山剛・野村HD 執行役員営業部門長 「顧客の価値」考え抜く
改革の旗手 杉山剛・野村ホールディングス執行役員営業部門長
野村HD、運用部門の利益1千億円へ 未公開資産が成長けん引
大和証券グループ本社、資産運用立国実現へ商品ラインアップ拡充

関連キーワード

株式市場 情報開示 経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)