中国地区3信金、「ひとり専担者」の仕事術 新しい付加価値創造

2023.07.31 04:24
営業・店頭体制 働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
経営者と談笑する常見課長(右、7月20日、瀬戸内市)
経営者と打ち合わせをする備前日生信金の常見和広課長(右、7月20日、瀬戸内市)
取引先や地域の抱えるさまざまな課題を解決するため、金融機関は新しいサービスの提供に取り組んでいる。小規模金融機関も例外ではないが、少人数がゆえ新事業は数少ない専担者によって運営されている。地域と組織の未来のため新しい価値を生み出そうとする、中国地区3信用金庫の「ひとり専担者」の活動を紹介する。
 備前日生信金、見えない成果追う 
地方...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 広島みどり信用金庫(2024年6月18日)
備前日生信金、若手の意見を経営に 合併5周年企画など提言へ
グループワークで議論する7~10年目の職員(6月6日、本店営業部)
広島みどり信金、町の書店復活を支援 物件探し伴走、商品陳列も
絵本コーナーについて語り合う(左から)総商さとう佐藤社長と本庄将之・専務取締役、森田支店長(5月20日、庄原市)
広島みどり信金、廃棄リンゴがビールに 県北企業の出会い創出
高野りんごビールの完成を喜ぶ(左から)なちゅbioの岡田氏、緑の村の井上氏、広島みどり信金の小林理事長(3月6日、広島みどり信金本店)

関連キーワード

営業・店頭体制 働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)