【日銀分析】熱帯びる「個人FX」 〝細かく稼ぐ〟トレーダー増

2023.06.28 04:50
日本銀行 為替
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
国内の個人投資家による外国為替証拠金取引(個人FX取引)が熱を帯びている。日本銀行の分析によると、ボラティリティ(変動率)の高い相場環境や取引コストの割安感の強まりが、高頻度売買で利益を重ねるスタイルのトレーダーを誘引。増加傾向だった同取引高は2022年に一段と伸びを高め、初めて1京円を突破した。
歴史的な高ボラティリティとなった22年...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日銀、国債購入の減額方針決定 相応な規模で「速やかに」実施へ
日銀、CT債購入〝上限〟を対外公表 市場流動性に「十分配意」
大手行、外貨繰り耐性 強化進む 保守的想定でテスト
人事異動 日本銀行(2024年5月11・13・20日)

関連キーワード

日本銀行 為替

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)