記者手帳 対話集会で存在意義を確認 近畿労金・江川理事長

2023.06.26 19:15
記者手帳
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
6月26日に通常総会を開催した近畿労金。「2022年度の当期純利益は目標を上回る23億6800万円となった。働く皆さまと役職員が力を合わせた労金運動の成果だ」と話す江川光一理事長。
コロナ禍で3年間中断していた全役職員との〝対話集会〟を4~6月に行った。「労金の存在意義を感じる場面として、会員の皆さまから『ありがとう』の一言をいただく時...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

近畿労金、安田菜津紀氏招きセミナー 災害・紛争を学ぶ
自身が撮影した写真をもとに話す安田菜津紀氏(近畿労金本店)
近畿労金、教育ローンの仕組みでグッドデザイン賞 全国労金で初
寸言 江川光一・近畿労働金庫理事長
近畿労金、「女性への暴力なくす運動」でセミナー 大阪府などと共催
会場とオンラインで約120人が参加(11月22日、近畿労金肥後橋ビル)

関連キーワード

記者手帳

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)