特集 【地域にスポット】広島県内4金融機関、フロントランナーの足跡

2021.06.18 05:00
新型コロナ関連 特集 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 コロナ禍により未曽有の事態となった2020年度。金融機関は売り上げが激減した事業者の資金繰り支援に駆け回った。その結果、広島県信用保証協会の保証付き融資残高は広島信用金庫、広島銀行、広島市信用組合、もみじ銀行の順に急増した。各機関の中でも特に増加が大きかった営業現場では何が起き、当事者は取引先の窮状をどう突き破ろうとしたのか。フロントラ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

広島市信組、21期連続の増収達成 純利益50億超を目指す
私のターニングポイント (10)広島信金理事長・川上武氏(下)
引退に寄り添った元社長の手紙を大事に読み返す川上武氏(4月12日、広島信金本店理事長室)
私のターニングポイント (9)広島信金理事長・川上武氏(上)
20代のころは渉外活動に奔走した。本店営業部時代の川上武氏(左から3人目、本人提供)
広島銀、金利勉強会を継続 顧客へ適切に情報提供

関連キーワード

新型コロナ関連 特集 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)