西尾信金、学校へ独自教材寄贈 金融リテラシー向上へ

2023.06.09 17:25
寄付
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
感謝状を掲げる(左から)石川理事長、西尾市の中村健市長、稲垣寿教育長(6月9日、西尾市内)
感謝状を掲げる(左から)石川理事長、西尾市の中村健市長、稲垣寿教育長(6月9日、西尾市内)
西尾信用金庫(愛知県、石川清成理事長)は6月9日、小学校に向けた独自金融教材約9000冊の寄贈式を開いた。創立110周年記念事業の一環で、地域の金融リテラシー向上を促す。寄贈先は西尾市、碧南市、幸田町内の計39校で、対象児童は4~6年生8466人。
独自に製作した「金融教育のための服教材」は、お金の役割や経済の仕組み、資金計画について記...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東海地区信金、熱帯びる預金キャンペーン 獲得戦線「夏の陣」
本店新築の記念定期を夏のキャンペーン商品として継続する八幡信金では、契約金額が好調に推移している(5月27日、八幡信金本店)
信金、ATM×AIで特殊詐欺防止 西尾、福島など試行導入
AI画像検知付ATMを試行する西尾信金職員(5月8日)
寸言 石川清成・西尾信用金庫理事長
愛知県内5信金、女性職員が合同研修 事業性融資学ぶ
資金繰り支援の方法を考える参加者。碧海信金御園支店、1月24日

関連キーワード

寄付

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)