関西みらい銀、共同研究助成金10年目 プレゼン会開催

2023.06.02 19:18
寄付 イベント
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
助成先企業によるプレゼン会で質疑応答も行われた(6月2日、同行心斎橋本社ビル)
助成先企業によるプレゼン会で質疑応答も行われた(6月2日、同行心斎橋本社ビル)

関西みらい銀行は6月2日、「関西みらい共同研究助成金」採択先への記念品贈呈式と助成先企業によるプレゼンテーション会を開催した。大学など教育機関と中小企業による共同研究が対象で、2013年度から開始して今年度で10年目。これまでの支援プランは延べ89件。


今回の助成金は10社に各200万円、総額2000万円。連携教育機関は近畿地区の11大学・1高専。協力機関は大阪産業局、大阪商工会議所、滋賀県産業支援プラザなど。プレゼン会には大学や行政関係者、ベンチャーキャピタルなどから約100人(オンライン含む)が参加した。


同行の西山和宏社長は「技術力、アイデアを持つ企業と研究力、分析力を持つ研究機関をつなぐことで、地域や日本の課題解決に役立てれば」と話した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

関西みらい銀、初のベンチャー向けビジコン グランプリに500万円
グランプリの目録を西山社長(左)から受け取る杉原宏和・イムノセンス代表取締役(6月13日、グランフロント大阪、関西みらい銀提供)
りそなグループ、ファンドラップに資産承継特約を追加
りそなHD、マネロン調査 自動化 〝進化するAI〟本番適用
近畿地区地域銀の24年3月期決算、貸出金利息・株売却益増
4年連続増益となった関西みらい銀の西山和宏社長(5月14日、関西金融記者倶楽部)

関連キーワード

寄付 イベント

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)