八十二銀、システム子会社を吸収合併 開発力強化へ

2023.03.20 11:01
システム 子会社戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

八十二銀行は10月1日に、連結子会社の八十二システム開発を吸収合併する。システム開発力の強化と経営資源の有効活用を進め、グループ価値の向上を図る。


同社は、八十二銀や同行グループ企業の各種システム設計・開発を手掛けている。近年はシステム開発の知見を生かしたITコンサルティングも強化。従業員数は約300人。


今回、一つの組織になることで意思決定のスピードを早められるほか、重複する業務のスリム化で捻出した人員や時間をシステム開発などの注力領域にシフトできるとみている。


また、同社では毎年、システム開発の仕事を希望する理系の新卒者を採用。合併後は、銀行本体で専門の採用コースを設置することを検討し、システム人材の確保につなげる。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀6行、女性監査部員による初の情報交換会
現在の監査部でいかされているキャリアなどを紹介(7月12日、八十二銀行研修所)
八十二銀、デジタル改革 加速 独自DBと生成AI活用
八十二銀、「プラチナくるみんプラス認定」を取得 不妊治療と仕事の両立支援など評価
八十二銀など塩尻市含む11者と「地域の人事部」で協定締結 コンソーシアムなど設置

関連キーワード

システム 子会社戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)