青梅信金、青梅マラソンにボランティア221人

2023.02.20 10:17
社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
ランナーにゼッケンを配りながら「がんばってください」と声かけする職員(2月19日、東京都青梅市の河辺小学校)
ランナーにゼッケンを配りながら「がんばってください」と声かけする職員(2月19日、東京都青梅市の河辺小学校)

青梅信用金庫(東京都、平岡治房理事長)は2月19日に開かれた青梅マラソン大会に役職員221人をボランティアとして派遣。ランナーの受付や誘導などで大会運営をサポートした。


1967年に始まった大会は、日本の市民マラソンの草分け的存在。19年以降は新型コロナウイルスの影響で延期。3年ぶりの開催となった。同信金は80年の第14回大会から毎年200人を超す職員をボランティアとして派遣している。


当日、10キロと30キロコースに参加する約1万2000人の受け付けにあたった職員は、「がんばってください」と声掛けしながらゼッケンや大会資料を配った。ボランティアに参加した職員の多くは若手で、初めて参加する職員もいた。新入職員の東久留米支店の樋口海央さんも初参加。「地域の方々や全国から多くの人が集まる大会をサポートでき、やりがいがある」と話した。


平岡理事長は「今までコロナ禍で地域のイベントが開けなかった。若手職員にとって貴重な機会になったと思う」と語った。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

青梅信金、「よろずゼミ」開催 渉外担当がコンサル手法学ぶ
鵜飼氏(右)のアドバイスを聞く杉山社長。同席する髙橋支店長(左から2人目)と西條係長(同3人目、5月17日、東京都青梅市の河辺支店)
青梅信金新座支店、若い世代の人生設計を支援 22年度住宅ローン実行額は11億6000万円
不動産業を営む取引先のマイタウン・内田隆成社長(左)と打ち合わせする福原支店長(左から2人目)と青柳勢営業推進課長(4月13日、マイタウン本店)
青梅信金、生活困窮の子供を支援 青梅市に寄付
贈呈式に出席した(左から)平岡理事長、浜中市長、小澤会長(4月19日、青梅市役所)
青梅信金、全営業職員に研修 「お願い」から「コンサル」へ
経営者になったつもりでよろず支援拠点のコーディネーター(左)に課題を相談する職員ら(2月7日、東京都青梅市の同信金本部)

関連キーワード

社会・地域貢献


アクセスランキング

おすすめ