顧客伴走型営業が浸透 五島・ふくおかFG社長 

2022.12.28 04:50
インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「ゴールベースアプローチでお客さま本位の営業を確立する」と話す五島社長(12月23日、FFG本社ビル)
「ゴールベースアプローチでお客さま本位の営業を確立する」と話す五島社長(12月23日、FFG本社ビル)
コロナ禍の2022年度に新しい中期経営計画をスタートしたふくおかフィナンシャルグループ(FG)。4月の中計開始と同時にトップに就任し、福岡銀頭取としても舵取りを任う五島久社長(60)に、今後の見通しやこれまでの取り組みを聞いた。

2023年の見通しは。
「九州では特に福岡市を中心とした活況が不動産などで見てとれる。熊本県では202...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地方税統一QR、初年度窓口収納は5000万件 後方事務「劇的に改善」
役員人事 ふくおかフィナンシャルグループ(2024年4月1日)
ふくおかFG、AI専担部署を新設 戦略的活用めざす
地域銀、富裕層囲い込み策で新手 船舶ファンド運営会社と協力 ふくおかFG、人間国宝の作品展
来場者に作品を説明する十四代今泉今右衛門氏(中央、2月13日、福岡市内)

関連キーワード

インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)