広島銀八本松支店、1人1チーフ制で若手育成 合言葉「おひたし」

2022.12.19 04:30
人材育成 コンサル 事業者支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
PDCA会議では活発な議論が交わされる(12月1日、同店)
PDCA会議では活発な議論が交わされる(12月1日、同店)
「全渉外係が20代」の広島銀行八本松支店(浜崎成秀支店長=行員11人、渉外6人。パート6人)は、若手行員の育成に注力している。合言葉「おひたし」や、全員がリーダーとして責任感を醸成する「1人1チーフ制」など独自のアイデアで、行員が自律する環境を整備。店舗の周辺には大手企業の工場なども多く、良質な立地を生かして法・個人営業の提案力を磨く。2...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

もみじ銀と広島銀、カープ応援の定期預金 成績に応じて特典多彩
秋山翔吾選手(左端)と堂林翔太選手に特製うちわを手渡して力づけた清宗頭取(右、3月2日、ひろぎんホールディングス本社ビル)
ひろぎんHD、日本生命とサステナ推進で連携 地域金融機関では初
広島銀、行員2人を伊藤忠テクノへ出向 ITシステム構築内製化へ人材育成
人事異動 広島銀行(1月1日)

関連キーワード

人材育成 コンサル 事業者支援


アクセスランキング

おすすめ