「サステナを企業と検討」 岩山・清水銀頭取

2022.11.29 04:44
インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
清水銀行は2030年度末までに、サステナブル投融資を累計で3000億円実行する目標を設定し、持続可能な経営・社会の実現に向けた動きを加速している。岩山靖宏頭取(58)に聞いた。
「営業店行員が取引先のニーズを把握し、ソリューション営業部と連携した課題解決支援を展開している。会社ごとに異なる経営の課題をきめ細かく発掘することが、SDGs(...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【実像】手形・小切手の完全電子化 〝岩盤〟崩しへ 正念場迎える
金融界はチラシなどを通じて電子決済への移行を呼びかけている
東西ペンリレー マンドリンオーケストラ
清水銀、経営陣が若手と意見交換 各ブロックで21回開催
若手行員の悩みにアドバイスする岩山頭取(中央奥左、11月29日、清水銀本部)
人事異動 清水銀行(2023年10月10日)

関連キーワード

インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)