政投銀、純利益161億円減の574億円 信用コスト増で

2022.11.24 18:03
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

日本政策投資銀行が11月24日に発表した2022年4~9月期決算(連結ベース)は、純利益が前年同期比161億円減の574億円となった。不良債権関連処理額が前年同期比約140億円増となるなどクレジットコスト増加の影響が財務全体に影響した。


業務粗利益は外貨調達コストの上昇などにより、同20億円減の738億円に。投資関係損益は同41億円増の356億円を計上した一方、与信関係費用は貸倒引当金の繰入などにより136億円の損となった。


貸出金残高は、14兆5270億円(22年9月末)と前年同月末(14兆3380億円)比で約1800億円増加。会見した地下誠二社長は「危機対応がピークを越え、残高は減る想定をしていたが、エネルギー関係企業を中心に貸出需要が思いのほか増えた」と背景を述べた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

みずほ銀など6社、社会インフラ維持へ連携 100超の自治体で事業展開
東西ペンリレー 黄金の三割
政投銀、連結純利益38%増の793億円 23年4~9月期 大口株式売却が押し上げ
決算を発表する日本政策投資銀行の地下誠二社長(11月21日、東京都内)
財務省、「特定投資業務」あり方議論 資金枠の運用見直し検討
財政審の財政投融資分科会であいさつする神田憲次財務副大臣(10月18日、財務省)

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)