大手損保4~9月期決算、3グループの純利益93%減

2022.11.19 04:45
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
決算会見する東京海上HDの岡田健司・専務取締役兼専務執行役員グループCFO(11月18日、損保会館)
大手損害保険会社3グループ(G)の2022年4~9月期決算が11月18日に出そろった。国内の自然災害や海外の新型コロナウイルス関連の発生保険金などが膨らみ、3Gの純利益(3G計)は93%減益となった。うち、865億円の東京海上ホールディングス(HD)を除く2Gは赤字に転落。通期業績予想は全Gが下方修正した。
国内外の自然災害が打撃
3...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手損保、政策保有株〝ゼロ〟 地域銀38行・Gに影響
役員人事 東京海上ホールディングス(2024年4月1日、6月下旬)
大手損保グループ、相次ぎ政策保有株〝ゼロ〟表明 4社で計6.5兆円
損保大手3社の4~12月期決算、修正純利益2.6倍 海外保険事業が貢献 米国不動産の影響は軽微
ベア3%以上の実施で妥結する損保が相次いだ

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)