与信費用増加で減益 商工中金の4~9月期決算

2022.11.17 19:29
決算
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
商工中金決算
決算説明する関根社長(11月17日、商工中金本店)
商工組合中央金庫の2022年4~9月期決算は、企業の倒産件数増加に伴って与信費用が増え、当期純利益は減益となった。
業務粗利益は、前年同期比7%(43億円)増となる641億円。貸出金残高の増加に伴い、資金利益が前年同期比16億円増加。為替のリスクヘッジを目的としたデリバティブ取引が増えたことによる役務取引等利益の増加なども収益の押し上げ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

北海道銀・北陸銀・北洋銀、商工中金と企業支援で連携 ゼロゼロ以降の再生へ
契約を結んだ(左から)商工中金の田岡・札幌支店長と萩尾常務執行役員、北海道銀の佐々木取締役専務執行役員、北陸銀の畑山常務執行役員、北洋銀の松岡常務執行役員(1月25日、札幌市の北洋大通センター)
商工中金、完全民営化へ 政府検討会は2月にも結論
商工中金 看板
完全民営化へ議論本格化 取引先などからヒアリング 商工中金
人事異動 商工組合中央金庫(10月1日)

関連キーワード

決算


アクセスランキング

おすすめ