平塚信金本店営業部、結果出す組織へ若手育成 個社別ミーティング

2022.10.19 04:25
人材育成 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
法人担当に助言する市川理事部長(左から3番目、10月12日、本部)
法人担当に助言する市川理事部長(左から3番目、10月12日、本部)
平塚信用金庫本店営業部(市川雅範理事部長=職員28人うち渉外10人。パート5人)は、一部の優績者に依存しない組織づくりに向けた人材育成に力を入れる。役席から財務や融資ノウハウを学ぶ「個社別ミーティング」を定期的に開催し、若手のスキルアップにつなげている。
同信金は4月に人事制度を改正し、法個人の地区担当者を事業先に特化した法人担当へ転換...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

【実像】地域で生きる(1)31歳信金職員、湘南を駆ける
ON1104実像 (2)
尾上・平塚信金理事長、職員と対話企画 現場の課題を聴取 
職員から話を聞く尾上理事長(中央、9月12日、本部)
役員人事 平塚信金(6月27日)
新ブランド生む広域連携① 平塚信金
新商品の打ち合わせをする(左から)松元氏、猪股氏、近藤氏ら(3月1日、マ・コピーヌ)。右下は松元氏が全国大会に出品した「森のブリスボール」(平塚信金提供)

関連キーワード

人材育成 営業・店頭体制


アクセスランキング

おすすめ