日銀分析、海外資金の不動産市場影響 「危機」感応度 米欧より高く

2022.09.21 14:06
日本銀行 調査・統計
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
日本銀行は、海外ファンドの投資行動が国内不動産市場に及ぼす影響の分析に力を入れている。近年、商業用不動産などへの資金流入が目立ち、ファンドの行動変化が不動産市況に大きなインパクトを与えかねないためだ。分析では、世界的な金融・経済環境の悪化でショックが起きた際の「感応度」が、米国や欧州よりも高いとする推計結果がみられた。
世界の不動産ファ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連キーワード

日本銀行 調査・統計


アクセスランキング

おすすめ